施設のご紹介

セル1 セル2

 

青木村の活性化のために

「住民が生き生き暮らす地域づくりを目指して」

 

    目的

  地域で生産される農産物を利用した特産物の開発・加工を行い青木村

  農産物の販路拡大と、情報発信により地域全体の活性化を図るとともに、

   農村女性の地域社会への参画を進め、農業所得の向上を図る。

☆「みかえりの郷あおき」

・中山間地「青木村」農産物の地産地消を目指し、地域の活性化を図り、

合せて農村女性の働きがい、生きがいを求め活動している団体であります。

☆ モットー

  我々は生産者であり、消費者であり、経営者である。

 

 

会社名 青木村農産加工施設運営組合

住所  長野県小県郡青木村大字村松30-1

電話  0268-49-1700   (FAX同じ)

e-mail mikaeri2557@ued.janis.or.jp

 

 

    組織 (組会員総数33名)

・漬物部  梅漬け(みかえり漬け)、各種漬物(しば漬け、福神漬け、きく芋漬け)

・おやき部 梅まんじゅう、各種野菜おやき

・瓶・缶部 コンパラジャム、紅玉りんごジャム、いちじくジャム

・ソース部 トマトケチャップ、トマトピューレ、焼肉のタレ

・菓子部  米ポン菓子(各種味ポン田)蕎麦菓子(みかえりの月、そばっ子)

・パン部  米粉各種パン、各種菓子パン、各種ケーキ、各種クッキー

 

☆ 活動について

 平成2010月に道の駅あおきの奥に完成した加工施設では、青木村農産

 加工施設運営組合(愛称「みかえりの郷 あおき」坂井正昇組合長)が食品

 の安全、安心加工を行っています。

 この組合は、加工施設の整備に伴って、この施設を利用して地域の農産物を

 加工、販売し、女性の雇用や所得の向上、地域の活性化につなげることを目的

 に設立され、現在は村内在住女性32名が加入しています。

 組合には、漬物、瓶・缶、ソース、おやき、菓子、パンの7部門があり、

 みかえり漬け(梅漬)、りんご、コンパラ(なつはぜ)のジャム、トマトケチ

ャップ、焼肉のタレ、梅まんじゅう、ポン菓子、各種パンなどを作っています。

商品は、村内で生産された農産物を中心とした材料にこだわり組合員の女性

たちが、1つ1つ手作りにより作っています。

また 今後は村の特産物や山菜を利用した新商品を開発するため、加工施設

の研究室を活用して研究も進めております。

 

 

 

部  名

部  長

製  品  名

 

漬物部

 

中沢としみ

みかえり漬け(あまもっくり、あま~い、ぱりっこ

 青っこ)しば漬け、福神漬け、菊芋漬け・・・等

 

瓶・缶部

 

上原 栄子

コンパラジャム、各種りんごジャム、

いちじくジャム、ブルーベリージャム・・・等

 

ソース部

 

増田 静江

トマトケチャップ、トマトピューレ

焼肉のタレ

 

菓子部

 

片山美恵子

米ポン菓子

ポン田(ゴマ、エビ、イカ、醤油味等)

 

パン部

 

上原 京子

各種米粉パン、各種菓子パン、各種クッキー

バウンドケーキ(コンパラ、りんご等)

 

                                            

リンク